吸うエナジードリンク? 徹夜も平気な電子カフェインがヤバっ!

海外のクールなITキッズの間で、最近ブレイク中のカフェイン電子タバコ『イーグルエナジー』。吸うカフェインを体験した。

川口友万| Photo by Tomokazu Kawaguchi

スポンサーリンク

吸ってみた! 頭は爽快に!

カフェイン
吸うと先端が青白く光る。とても怪しい。
【写真:川口友万】

 そもそもこいつは何なのか? メーカーサイトによると、

「エナジードリンクよりも効果的かつ素早くカフェインを吸収し、なおかつカフェインも砂糖もその他のカロリーもカットされた技術」

 として開発、ガラナ由来のカフェイン、タウリン、朝鮮ニンジンを配合した、文字通りの吸うエナジードリンクなのだ(グッズ出したり、エクストリーム系スポーツのスポンサーをしたり、露骨にレッドブルの後追いプロモをしている)。

 500回の吸引が可能で、1回に10~20回をパフ(スパスパ吸う)するとエナジーがブーストされるそうだ。

 カフェイン含有量は1mlあたり0.08%。1パフで約2mlが吸引される。

 コーヒー一杯150mlあたりカフェイン100mgなので、20回吸ってもコーヒーにはまるで及ばない(コーラ1缶と同量だそうだ)。しかし肺からの吸収は胃からよりも桁違いに速いので、効果的とのこと。

 3日ほどして届いた。プラスチックケースから出し、吸ってみる。吸い口の反対側にLEDが仕込まれていて、吸うと青く光る。怪しい。続いて甘ったるい味がして驚いた。オロナミンC的な味だ。

 タバコの要領で、ひと口吸ってから息を吸い込んで肺に入れて吐き出す。煙ならぬ水蒸気が口から盛大に出て面白い。

 吸うのはいいのだが、10~20回? 結構な回数である。味はすぐに慣れたが、一度に吸えるか、こんなに? タバコの感覚でボチボチ吸って20分ほどかかった。

 吸っている間、肺が温かくなり、カフェインだからなあと納得。カフェインは体内の血管を拡張し、血流を増やすのだ。

 面白いことに、カフェインは脳の血管は収縮させる。交感神経を刺激して意識を覚醒させ、体を戦闘モードに切り替える。

カフェイン
水蒸気を吐く。タバコと違って、匂いが甘ったるい。20回吸うのは大変だった
【写真:川口友万】

(あ~こういうことかあ)

 約1時間後。ふっと頭の中のもやもやが晴れた。すっきりした。イケないお薬のように、シャッキーン! みたいな感じは全然なく、よく寝た翌朝の気持ちのいい目覚めといった感じか。

 カフェインの受容体はドーパミン(脳内の快楽物質で、興奮や覚醒を司る)の作動神経細胞を抑制する。抑制されるのでドーパミンが出っ放しになって、気持ち良くなる。

 受容体の感受性は遺伝的に決まっている。日本人などアジア人はカフェイン感受性が鈍い=ドーパミンを抑え込む遺伝子型が多いのだそうだ。

 日本茶をがぶ飲みして平気なのは、カフェインで興奮しにくいから。欧米人はカフェインで興奮しやすいので、レッドブルやイーグルエナジーに人気が出る。

 アマゾンのレビューによると、効く人は眠れなくなったらしい。体質だなあ。私は遺伝子型がアジアンなのだろう、頭がちょっとすっきりしておしまいだった。ちょっと残念。よく眠れたしね。

取材・文 川口 友万

【了】

1 2
PAGE TOP ↑