【夏休みは自由研究・工作】ケミカルライトで彩るレインボーカップ【100円ショップで科学作品!】

夏休みといえば、自由研究!自由工作! 東大理学部卒・現役早大院生が教える、100円ショップにあるような材料でできる、他の人が知らないような実験を紹介します。

小幡哲士| Photo by Tetsushi Obata|シリーズ:夏休みは自由研究・工作

スポンサーリンク

実験の解説・自由研究のつくり方

工作
光の3原色による足し算の図

 赤、緑、青の3色のケミカルライトによる光の色の足し算をおこなって、さまざまな色をつくることができた。

 赤、緑、青の3色を、光の3原色とよぶ。

 これらの色の光を使うとさまざまな色の光をつくることができ、全ての色の光を混ぜ合わせると白色になる。

 また、それぞれ赤と緑、赤と青、緑と青が同じ明るさでまざった色を、黄色、マゼンタ、シアンといい、これらを色の3原色とよぶ。

 自由研究として実験をおこなうためには、しっかりと「予想」を立て、「結果」を求めるのが大切である。

 たとえば、光の3原色以外のケミカルライトで足し算をおこなうとどうなるか、実際に実験してみても良い。スマホのアプリやPCソフトを使って、身の回りにある色が3原色をそれぞれどのくらい含んでいるか(RGB値)を調べてみても良い。

 そのような科学の”芽”を育てていけば、すぐに一人前の実験マスターになれるだろう。


動画:「ケミカルライトで色イロ 光の足し算 1」あそびデーターサイエンス

参考・引用:『現役東大生による頭がよくなる実験・工作―小学生向け』 小幡哲士、東大CAST(2015年)

文 小幡 哲士

【了】

1 2 3
PAGE TOP ↑