【夏休みは自由研究・工作】水滴で咲かせるインクの花【100円ショップで科学作品!】

もうすぐ夏休み…といえば頭を悩ます宿題問題。「自由研究や工作、何にしようか…」そんなアナタに助け船。今回は、黒色や茶色の水性ペンから、いろんな色の模様をつくる実験をご紹介!

小幡哲士| Photo by Tetsushi Obata|シリーズ:夏休みは自由研究・工作

スポンサーリンク

水性ペンのインクのひみつ:クロマトグラフィー

 夏休みといえば、自由研究!自由工作!東大理学部卒・現役早大院生が、100円ショップなどで手に入る、身近な材料を使って他の人が知らない実験を紹介します。

 今回は、黒色や茶色の水性ペンから、いろんな色の模様をつくる実験をやってみよう!

 いろいろな色の絵具を混ぜて、黒色をつくったことはあるだろうか? ペンのインクは、それと同じようにいくつかの色の素(もと)を混ぜ合わせて、1つの色をつくっている。

 黒インクがどんな色素からできているのか、簡単にわかる方法がある。色素の性質の違いから、色素を分けることができるのだ。この手法は「クロマトグラフィー」と言われ、最先端の研究でも使われている。

夏休み
用意する材料。写真のペンはダイソーと文房具屋で購入
【写真:小幡哲士(以下同)】

<用意するもの>
・水性ペン(黒、茶など暗い色がオススメ) 数本
・コーヒーフィルター(白色)
・醤油さし
・新聞紙など下に敷くもの

 全て100円ショップでも手に入る。

 ただし、水性ペンについては、いろいろなメーカーの商品を用意した方が面白い実験ができるだろう。

 実験の準備は、あと1つだけ。コーヒーフィルターの片面に、水性ペンで簡単な文字や絵を描こう。

夏休み
水滴を落とすスタンバイ。真ん中の〇は、5種類のペンを使って書いた

 初めは、本当に簡単で良いだろう。ペンの種類や色を何回も変えながら、絵を描くのがいい。

 そして、水を入れた醤油さしを用意すれば、準備は完了。

 絵の真ん中に水滴を落とすスタンバイする。

 水滴を落としたら、実験が始まるぞ!

1 2
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑