山下祐司の記事一覧

テクノロジーとアートの融合で日本発の新しい文化を創造する『メディア・アンビション・トーキョー』

新しい東京の「価値」を世界中に発信するイベント、メディア・アンビション・トーキョーが2月26日にスタートした。

アート, コラム, テクノロジー
昨年3月に作成

「開催するならコストを削れ!」望めない? オリンピックの経済効果 

新国立競技場の建設や大会運営費の増大ばかりが話題になる東京オリンピック・パラリンピック。その莫大な費用に釣り合う“見返り”は期待できるのかーー。

コラム, スポーツ, 社会
昨年2月に作成

【変わる覚せい剤使用者】第1回 反社会から一般へ 覚せい剤乱用者の現在(全3回) 

覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手・清原和博。彼のような刺青や派手な格好、「いかにも」と思わせる姿から覚せい剤使用者をイメージすると現実を見誤る。

コラム, 医療・健康, 社会
昨年2月に作成

最もネアンデルタールに近いのは日本人? 免疫システムに残る人類の歴史

多くの人を悩ます花粉症。その原因は免疫システムの暴走だが、免疫システムの一部がネアンデルタールからの「プレゼント」だと判明した。

コラム, 生命, 進化・歴史
昨年2月に作成

テラフォーマーも真っ青!? ゴキブリ「最強伝説」に新たな1ページが加わる

体重の900倍の圧力をかけても無傷なゴキブリをヒントに、壊れずにすいすい動くロボットの研究が進められている。その目的は災害探索だ。

テクノロジー, ニュース, 生命
昨年2月に作成

通説“シマウマのしま模様はカモフラージュになる”に異論。ライオン目線で再現すると?

“シマウマ”のしま模様は過酷なサバンナで身を隠すのに有効に働くと考えられてきが、昨今の研究で意外な事実が判明した。

コラム, 生命
昨年2月に作成

まるで“ラピュタ”。盆栽が空中浮遊、驚きのアイディアに迫る

苔むした土台から伸びる黒松が、ふわふわと回転しながら浮かぶ。ネット上では天空の城ラピュタの再現と「Air Bonsai」が話題を集めている。

アート, ニュース
昨年2月に作成

小保方晴子氏は未だ夢うつつ。手記『あの日』で繰り返される、自己弁護と的外れな若山氏批判

2014年、世間を騒がせたSTAP細胞“ねつ造”騒動。時を経て出版した手記『あの日』には、今もなお時を止めたままの小保方氏の姿があった。

コラム, 社会
昨年1月に作成

ねつ造だったSTAP細胞。小保方晴子氏は手記で何を語るのか

今月28日、小保方晴子氏が講談社から手記『あの日』を出版した。世間を騒がせた「STAP細胞」騒動の真実はその手記の中でどこまで語られるのか注目が集まる。

ニュース, 社会
昨年1月に作成

食べる順序は米より魚や肉が先。血糖の急上昇を抑えて糖尿病予防

目線を下げると、視界に入るのはふっくらとしたお腹。不健康だとわかっていても抑えられない食欲。それでも、ささやかな抵抗はできるかもしれない。

コラム, 医療・健康, 研究,
昨年1月に作成

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑