驚愕の新説「重曹でがんが治る」の真偽は? 実は重曹よりアレの方がからだにいい?【おかしな科学】

世のニセ科学をぶった切る、疑似科学バスターのロッポンギヒロユキが世間のウソを見破ります。

ロッポンギ ヒロユキ| Photo by Getty Images|シリーズ:おかしな科学

スポンサーリンク

リバイバルでバズってる「重曹でがんが治る」

重曹
重曹うがいでがんが治る!?
【写真:Getty Images】

 日本の平均寿命はどんどん延びて男女とも80歳以上という長寿大国になっていますが、それでもまだたくさんの人がもっと健康的になろうとして、いろいろな健康法を探し回っています。

 でも、そうやってたどり着いた健康法が正しいモノとは限りません。……というか、いつの時代も口コミで広まるのはイタい健康法ばかり、と思ったほうが確実です。 

 最近、目にするようになったものもまた、飲みかけの牛乳を思いっきり吹きだしそうなものでした。「重曹でがんが治る」……。

 そうです。台所のお掃除に使う重曹です。パンづくりに使うベーキングパウダーの主成分である重曹です。ソーダ水を作るときに使う重曹です。食べても安全な重曹でがんが治るのだったら、こんなに素晴らしいことはありません。

 でもこれ6~7年前にもちょっと話題になって消えてったトンデモ医学のヴァリエーションですよ。というか、当初のシモンチーニ理論ではがんの部位により重曹液を経口摂取したり、点滴や静脈注射したり、浣腸したり、カテーテル挿入したりという治療法だったのですが、いつの間にか伝言ゲームになっていたらしく、「重曹うがいでがんが治る」なんていうお気楽健康法まで登場してしまっているようです。

 そりゃあ、パンのベーキングパウダーや胃腸の薬に使う重曹ですから、水に溶いてうがいしたからといって悪いことはなさそうですが……。

 そもそも「重曹でがんが治る」という説を広めたのは、イタリアのトゥーリオ・シモンチーニという“元”医師。

 なぜ“元”医師かと言えば、シモンチーニが提唱する治療法を受けた後に患者が死亡するという事件が起こり、過失致死罪と詐欺罪に問われて医師免許をはく奪されたからです。

 一部の人の説によれば、重曹でがんが治るという“真実”をバラしてしまったから、政府によって弾圧されたということになってまいますが。

 ところがシモンチーニ“元”医師、これに懲りずにオランダに拠点を移して同じ主張を続け、またしても独自療法で被害者を出す結果に。

 その後、2009年ごろには日本を標的にしたようで、日本語版ホームページをオープンするわ、国内に「シモンチーニがんセンター」の設立を宣言するわ、と、かなり積極的に打って出ていたようです。

 とはいえ、日本の医療資格を持っているわけでもなく、イタリアでは医師免許をはく奪されたシモンチーニ“元”医師ですから、ご自身で治療をするわけにもいかず、日本への本格上陸作戦はとん挫したようで、現在は日本語版ホームページも閉鎖されています(英語版のページやフェイスブックはまだ健在ですが)。

 それで消え去ってくれるならよかったのですが、そうは問屋が卸してくれなかったようで……なにしろイルミナティやレプティリアンといったか「(誰にも)見えない敵」と闘い続けるデービッド・アイクさんとか、この手の話題には必ず絡んでくるウツミ某医師とかヤマザキ女史だのミズモリなんとか氏だのというジャーナリストを名乗る人たちがシモンチーニ理論を「いいね」しまくったせいで、いまだに根強く信じている人はいるようです。

 曰く「重曹でがんが治ってしまったら、高価な抗がん剤を売りたい製薬会社や病院が困るので、圧力をかけてインチキ治療だと吹聴しているのだ!」と、いつものお約束ですね。

1 2 3
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑