目から日焼け? 寝る前スマホで老化? 知っておくべき日焼けの新常識

「日焼け」は皮膚の防御反応とは知りつつも、やっぱり焼きたくないのが乙女心。徹底的に美白を死守したいなら、欠かせないのがコレ!

工樂真澄| Photo by Getty Images

スポンサーリンク

美白女子必携アイテムとは

美白
徹底的に日焼けを防ぐには目も隠すべし
【写真:Getty Images】

 日差しが強くなると表れる「ダースベイダー族」。真っ黒い大きなサンバイザーと、ツバの広い黒帽子に長手袋。

 さすがに黒マントは羽織ってないけど、アスファルトの陽炎に浮かび上がる姿は、そこだけ異空間。でも美肌命の女性陣にとっては、日焼けするほうがよっぽど怖いのだ。

 肌の色素細胞「メラノサイト」が紫外線から皮膚を守るために作るのが、「メラニン色素」。肌を守ってくれるのはいいが、メラニン色素は赤黒く見えるし、色素が沈着すればシミにも。

 ちなみに皮膚のメラノサイトの数は白人や黒人など人種間でそれほど差がなく、肌の色の違いはメラニンの産生や分泌の能力の違いによるものらしい。

 メラニンが作られるきっかけは、肌に浴びる紫外線だけではない。2003年に大阪大学の井上教授らは、マウスの全身をアルミホイルで覆って目だけに紫外線照射したところ、全身の皮膚でメラニンが生成されることを発見した。

 紫外線の刺激によって作られるフリーラジカル「一酸化窒素(NO)」は、様々な反応を引き起こすシグナルとして働く。

 目で生じたNOシグナルは三叉神経の一つである眼神経を通じて、視床下部下垂体にまで伝わる。すると下垂体からメラノサイト刺激ホルモンが分泌されて、結果的に全身でメラニン合成を促すという仕組みだ。

 だから徹底的に日焼けを防ぐには、目も隠すべし。この論文発表以降、美白至上主義の女子の間ではサングラスは必携アイテムなんだとか。

1 2
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑