社会の記事一覧

オシッコ発電に羽根のない風力発電! 脱原発の切り札はどれ?

もうすぐ全面解禁となる電力自由化。原発再稼働が進まない中、より安価で安全なエネルギー源を追い求める日本の、近未来エネルギーにせまる。

コラム, 環境, 社会
昨年3月に作成

あの日から5年 データで振り返る東日本大震災

未曽有の悲劇をもたらした東日本大震災。いまだ被災地では様々な課題や問題を抱えるが、今回はシンプルに避難者、義援金、ボランティア数の推移などをグラフ化した。

ニュース, 社会
昨年3月に作成

春にうっかりミスが増えるのはナゼ? 四季が脳に及ぼす影響

春眠暁を覚えず……春霞が頭の中にも広がるせいか、やたら眠いし仕事にも身が入らない。悪い病気か、はたまたこの季節特有の現象なのか?

コラム, 社会
昨年3月に作成

【変わる覚せい剤使用者】第2回 覚せい剤乱用者は「治る」のか 治療法の転換、そして進歩(全3回)

「ダメ。ゼッタイ」や「人間やめますか…」などインパクトの大きいフレーズは確かに予防には向いているが治療の実状とは一致しない。

コラム, 医療・健康, 社会
昨年3月に作成

米大統領選スーパーチューズデー 有名候補の科学への関心とスタンスは?ルビオVSケーシック編

ますます盛り上がる米大統領選挙。天地創造説だって争点になる? サンダース、クルーズに続いて有名候補の科学的スタンスを検証してみた。

コラム, 社会
昨年2月に作成

米大統領選、著名な候補の科学への関心とスタンスは? サンダースVSクルーズ編

前回に引き続き今回は、バーニー・サンダース上院議員(無所属)とテッド・クルーズ上院議員の科学や技術分野に対する考え方をまとめてみたい。

コラム, 社会
昨年2月に作成

「開催するならコストを削れ!」望めない? オリンピックの経済効果 

新国立競技場の建設や大会運営費の増大ばかりが話題になる東京オリンピック・パラリンピック。その莫大な費用に釣り合う“見返り”は期待できるのかーー。

コラム, スポーツ, 社会
昨年2月に作成

ドローンを空中で「捕獲」するワシやタカ オランダ警察が導入か?

増え続ける違法なドローンへの対抗策として、オランダではワシやタカなどの猛禽類の採用を検討している。「ローテク」な手段だが意外と効果的だという。

ニュース, 社会
昨年2月に作成

【変わる覚せい剤使用者】第1回 反社会から一般へ 覚せい剤乱用者の現在(全3回) 

覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手・清原和博。彼のような刺青や派手な格好、「いかにも」と思わせる姿から覚せい剤使用者をイメージすると現実を見誤る。

コラム, 医療・健康, 社会
昨年2月に作成

どうなる!? 注目の米大統領選 ヒラリーとトランプの科学スタンスが気になる件

第45代アメリカ合衆国大統領選挙に向け、アメリカでは予備選挙と党員集会が進行中。注目される有力候補の科学・技術に対する考え方をまとめた。

コラム, 社会
昨年2月に作成

1 2 3 4 5 6
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑