【食べる科学実験】 超マズい! 『キリツボ』炭酸化でマズくなった意外な飲み物 (後半)

何でも炭酸化できる『キリツボ』を使って、コーヒーから冷やしうどんまで、何でも炭酸化してみた!

川口友万| Photo by Tomokazu Kawaguchi|シリーズ:食べる科学実験

スポンサーリンク

ウィスキーソーダのソーダ水抜きを作る

キリツボ
キリツボでウィスキーも完全炭酸化!
炭酸製造装置『キリツボ』
<アマゾン>
【写真:川口友万(以下同)】

 科学実験酒場に集まる客は理系が多く、理系ではなくても無駄に雑学を仕入れている客が多い。お坊さんから魔女まで、東大から霊能者まで、幅広い客層の科学実験酒場だが、さすがの彼らもキリツボは知らなかった。

「キリ? 何? 源氏物語?」

 それは桐壺。こっちは壺の中に霧ができるから、キリツボ。やってみせよう。クエン酸と重曹。混ぜて、ほら泡が出た。

「おお! これで炭酸水ができるの?」

 できるの。しばし待つ……そして炭酸水側の開閉弁を閉じて、発生側の弁を開けると……ブシュー!

「白いぞ! 霧だ! 雲だ!」

 断熱膨張ってやつだな。圧力が急に低下したので、水蒸気が水滴になって見えるようになった。

 キリツボ、実際に使ってみると完全に実験器具である。高校の理科教師が買ったというが、それも納得。理科の教材としては抜群にいい。

 炭酸水づくりも、キリツボで行うとコーヒー豆を挽く感じで面白い。

 入浴剤と炭酸水の炭酸ガスが同じだということさえ、よく知らない人が多い昨今である。水に高圧の炭酸ガスを溶かして炭酸水を作るということも、ピンと来ないかもしれない。

 そういう手触りのない生活の中で、原料がはっきりわかるキリツボの実験的な使い方は魅力的だ。

キリツボ
あまり感動がなかった日本酒。シュワシュワしておいしくなるが、あまりに予想通りで芸がなかった

「ウィスキーやってください、ウィスキー」

 おっと池袋のバーのマスター、了解です。

 キリツボはペットボトルを交換していくから、ソーダサイフォンみたいに水以外を入れるとあとの匂いが、みたいなことはないので、液体なら何でも炭酸化できるのだ。

 でも度数が高いとあんまり炭酸が溶けないって、作った人が言ってた。だからあんまり期待しないでくださいね。ブシュー……どうですかね?

「いや結構、炭酸してますよ」

 ……本当だ。思ったより強い。これはありですね。文字通りのウィスキーソーダ。

「うちでも出そうかな」

1 2 3
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑