【あぶない医学のおかしな常識】第1回 「米を食べる日本人の腸は欧米人より長い」という話はウソだった?!

非科学的インチキ医学をやっつけろ! アルファブロガー、五本木クリニック院長・桑満おさむ先生のブログから医学エッセイを厳選してお届けします。

桑満おさむ| Photo by Tomokazu Kawaguchi|シリーズ:あぶない医学のおかしな常識

スポンサーリンク

肉の話

くわまん
桑満おさむ 五本木クリニック院長
レーザー治療を中心に、シワ、しみ、たるみ等の治療を行う。
横浜市立大学医学部 卒業。目黒区医師会がん検診委員長。
目黒区医師会 地域医療公衆衛生委員。

【肉食は危ない!日本人の腸は草食なので長い??】

 常識として
「日本人の腸は欧米人より長く、それは穀物・野菜食中心の生活を送ってきたから」
 
 あるいは
「それに適応してきたから」
 という話を常識と思っている人は多いようです。

 そこから「日本人は米や野菜を食べるべきで、肉食中心の生活は危ない」という話が出てきます。

 しかし、日本人の腸が欧米人と比較して長いという医学的な裏付けはありません。

 少なくとも私が調べた限り、医学論文として「日本人の腸が欧米人より長い」というものはありません。

 反対に「日本人と欧米人の腸の長さを比較して大差が無い」という医学論文はありますけど。
「A peroperative comparison of Western and Oriental colonic anatomy and mesenteric attachments」(International Journal of Colorectal Disease October 1995, Volume 10, Issue 4, pp 216-221)

 この論文に従うと、「日本人は肉食に適していない、だから肉食は悪」という話は成り立たなくなります。

 肉食が悪い、危ないという主張・論調の健康雑誌や健康本も、危機感をあおったものが多く見られます。

 中には肉食が人間の凶暴性を誘発しているので、「肉食がなくなれば戦争もなくなる!」という本も。

 肉食をやめて、ジャングル大帝レオが目指したユートピアを目指そう!!……生態系がかなり崩れるはずですが。

「肉食はあぶない?」(監修 真弓貞夫 発行 美健ガイド社)なんて本が楽しすぎる!!
 
 食育等に力をいれて薬を使用しないで病気を治す、という真弓先生の考え方に100パーセント反対ではなく、たまには良いこと言っているので、シリーズ全巻購入して愛読させていただいています(たまに良いこと、といっても多分5パーセント以内ですが)。

 でも、明らかな間違いが多く、突っ込みどころ満載です。

【「腐」という文字は内臓の中で肉が腐敗することからできた漢字??】

 漢字の成り立ちは様々な説があるのですが、ある程度は体系化されています。

 この「腐」という文字は真弓先生監修の本によれば、

「府は内臓、その中に入っている肉で成り立ってる」
「内臓に肉が入ると腐るから」

 と解説されています。

くわまん
五本木クリニック 美容皮膚科 
〒152-0001 東京都目黒区中央町2-18-14
フリーダイヤル 0120-70-5929[お電話受付]平日9:00~18:30
診療時間:月・火・水・日 9:30~18:30
     金・土 9:30~20:00

 でも、普通の「府」は「倉」を意味していて「倉庫に肉を入れっぱなしにすると腐るよ」という形声文字です。

 肉食は腸内を腐らせる、肉食は内臓を腐らせる、という恐ろしい主張の信憑性がかなり薄れてきちゃいますよね、これじゃ。

 次に「西欧人は肉食だから腸が短い、長年穀物を食べてきた日本人は腸が長い」と最もらしい説が書かれています。

 しかし、前述のように日本人の腸が欧米人より長い、というデータって一次ソースというか、医学的解剖学的に証明されているんでしょうか?

【次ページ】続・肉の話
1 2
俳句

    Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑