医療・健康の記事一覧

【変わる覚せい剤使用者】第2回 覚せい剤乱用者は「治る」のか 治療法の転換、そして進歩(全3回)

「ダメ。ゼッタイ」や「人間やめますか…」などインパクトの大きいフレーズは確かに予防には向いているが治療の実状とは一致しない。

コラム, 医療・健康, 社会
昨年3月に作成

【変わる覚せい剤使用者】第1回 反社会から一般へ 覚せい剤乱用者の現在(全3回) 

覚せい剤で逮捕された元プロ野球選手・清原和博。彼のような刺青や派手な格好、「いかにも」と思わせる姿から覚せい剤使用者をイメージすると現実を見誤る。

コラム, 医療・健康, 社会
昨年2月に作成

『花粉症はお腹の虫が治す』都市伝説の真相は?

花粉症の原因は、スギ花粉や中国の大気汚染などさまざまに言われるが、環境が清潔になって回虫がいなくなった結果だという説がある。

コラム, 医療・健康
昨年2月に作成

3Dはもう古い!? 「4D」プリンター登場~ハーバード大学が開発

多様な立体を印刷できる3Dプリンターに、「時間」を加えた「4D印刷」技術が開発された。今後、医療などの様々な分野で活躍が期待される。

テクノロジー, ニュース, 医療・健康
昨年2月に作成

戦前なら清原和博は無罪! 覚せい剤の罪と罰

頭脳の明晰化! 作業の亢進! 疲労除去! 睡気一掃! ……そんな夢のような薬が戦後まで薬局で売られていた。ヒロポン、今でいう覚醒剤である。

ニュース, 医療・健康, 社会
昨年2月に作成

音で体内の悪い部分がわかる? 水素で健康? ウソかマコトか、統合医療2016【東京ビッグサイト】

1月26~27日、東京ビッグサイトにて『統合医療展2016』が開催されている。統合医療とは民間療法を中心とした医療の総称だ。

ニュース, 医療・健康
昨年1月に作成

食べる順序は米より魚や肉が先。血糖の急上昇を抑えて糖尿病予防

目線を下げると、視界に入るのはふっくらとしたお腹。不健康だとわかっていても抑えられない食欲。それでも、ささやかな抵抗はできるかもしれない。

コラム, 医療・健康, 研究,
昨年1月に作成

成長期の運動はなぜ重要なのか? “菌活”が未来の健康につながる可能性

アメリカの大学で、若いころの運動が「よい」腸内細菌を育て未来の健康に役立つという、興味深い仮説が発表された。大人の健康維持に重要なのは、過去にちゃんと運動をしてきたかどうかだという。

ニュース, 医療・健康
昨年1月に作成

1 2 3 4 5
PAGE TOP ↑